ロータリーとは
私たちロータリアンは、世界で、地域社会で、そして自分自身の中で、持続可能な良い変化を生むために、人びとが手を取り合って行動する世界を目指しています。

1905 年にシカゴで創設されたロータリーでは、110年以上、さまざまな職業をもつ人や市民のリーダーが「世界を変える行動人」となり、その経験と知識を生かして社会奉仕活動や人道的活動に取り組んできました。識字率向上、平和構築、水と衛生の改善など、幅広い分野で持続可能な影響をもたらすために、ロータリーの会員は毎日、世界のどこかで活動しています。

ロータリーのしくみロータリー財団戦略的ビジョンを知ろう

ロータリーの活動

切迫した問題が山積みとなっているこの世界で、私たちは単なる傍観者ではなく、自ら行動する責任があると考えています。ロータリーは以下の分野に重点を置いて活動しています。

  • 平和の推進
  • 疾病との闘い
  • 水と衛生
  • 母子の健康
  • 教育の支援
  • 地元経済の成長
ロータリーの使命
ロータリーの使命は、職業人と地域社会のリーダーのネットワークを通じて、人びとに奉仕し、高潔さを奨励し、世界理解、親善、平和を推進することです。

ポリオは根絶できる。みんなの力があれば
「ポリオ」という病気

 ポリオ(急性灰白髄炎)は非常に感染性の高い病気であり、特に感染しやすいのは5歳未満の子どもです。日本では一般に「小児まひ」と呼ばれることもあります。
 ポリオウイルスは人から人へ感染し、最も多いのは汚染水を通じた感染です。神経系を侵すこともあり、これによって身体のまひを引き起こす可能性があります。治療法はありませんが、安全なワクチンで予防が可能です。ロータリーとそのパートナー団体は、これまで世界中25億人以上の子どもにワクチンを投与する活動を行ってきました。

 1 ポリオに最も感染しやすいのは5歳未満の子ども
 2 治療法はないが、ワクチンで予防が可能
 3 野生型ポリオウイルスの常在国はわずか3カ国
 4 1988年以来、発症数は99.9%減少
 5 ポリオを永久になくさない限り、感染リスクは全世界の子どもに

 調査報告
 2019−20年度 ロータリー認知度アンケート調査と公共イメージ向上戦略
 公共イメージIT委員会からのお願い
スマホのカメラでQRコード読み取り「お気に入り」登録や「いいね」をお願いします 
QRコードを新聞に掲載しています
 ・福島民報新聞
 ・福島民友新聞
 公共イメージIT委員会
Facebookページ
ロータリーレート
2020/11 1$ 104円
2020/10 1$ 105円
2020/9 1$ 106円
2020/8 1$ 105円
2020/7 1$ 107円
 

バナースペース

国際ロータリー第2530地区

〒963-8004
福島県郡山市中町3-5
新城ビル 3階
TEL:024-953-3907
FAX:024-953-3908


2530地区 URL

地区予定表