本文へスキップ

 ロータリークラブは会員がそれぞれの職業を通じて社会に奉仕する国際的な団体です。

RI2530地区 ガバナー 佐藤 正道

2022-23年度 地区運営方針、地区活動目標・数値目標

「地区スローガン」
情熱 行動 感動 共有
情熱(熱い想い)をもって行動し、感動(成果)を共有(共に分かち合う)しよう
「地区方針」
国際ロータリー2022-23年度年次目標を達成するため、DEIを取り入れ、行動規範を遵守し、ロータリーの行動計画を実践します。
やらされ感からやりがい感へ。会員とクラブが輝く地区づくり。
クラブが自主性を持って活動できるよう、クラブが主役の地区運営を目指します。
クラブの御用聞きとなってクラブを支援していきます
 「地区重点目標」
 1. DEI を取り入れた会員増強拡大
  DEIを取り入れることによってクラブ環境を整え、現状を分析し、クラブの望む姿を描き、会員の積極的な参加を促しましょう。
 2.よりインパク トのある奉仕事業の実践
  短絡的な奉仕活動でなく、 持続可能な変化をもたらす事業を進めましょう。 地域のニーズを掘り起こし、調査を入念にし、その効果を予測し、成果を測定することによって、 インパクトのある奉仕事業が行えます。
 3.活動の情報発信
  たとえ素晴らしい活動を行っていても、 他の人に伝わらなければ、 共感や協力を得ることができません。 多くの人に私たちの活動を広めましょう。
 4.ネッ トワークの構築
  ロータリーファミリーはもとより、 私たちの想いに賛同し活動する人々と交流しましょう。
 5.ポリオ根絶
  野生株のポリオの発症例がなくなって6年を経過しないと、根絶したことにはなりません。 その間毎年世界中の4億5千万人の子供たちにワクチンが投与されます。
「分野別目標」
会員増強拡大・DEI委員会
  画一的ではなく、 クラブがイメージする望ましい会員構成(地域社会を反映)を支援。
会員規模に応じた対応SAKUJI作戦の実施
DEIの理解を深めるとともに、 革新的なクラブの設立
新会員へのサポー ト

公共イメージ ・ IT委員会
  クラブ活動の情報発信
情報発信のためのホームページ ・ SNS等の活用
地区ホームページにてクラブの奉仕活動を集約し発信
クラブセントラルの入力を支援し、 クラブがイメージする目標設定をサポート
オンライン会議のサポート
職業奉仕委員会
  しあわせの島(くに)ふくしま職業奉仕宣言の活用
DEIを取り入れウィズコロナに対応した、 新しい時代の職業奉仕のありかた
社会奉仕委員会
  クラブの奉仕活動の情報を収集する。
よりインパクトのある奉仕活動立案のための研修及び支援
クラブの奉仕活動をサポート
国際奉仕委員会
  RI3350地区(タイ・ミャンマー・カンボジア・ラオス・ベトナム)との情報共有
国際奉仕支援地域の情報収集及び提供
オンツーメルボルンのサポート
青少年奉仕委員会
  インターアク ト
 インターアクトクラブ活動の支援及び指導
 ロータリークラブ、 ローターアクトクラブとの連携
 ロータ リー賞挑戦のサポー ト
RYLA
 地区RYLAの再検討と実施
 第16回全国RYLA研究会に向けての準備
青少年交換
 ⾧期交換事業の実施及び短期交換事業の検討
 ローターアク ト委員会
  ローターアクターへロータリーについての研修基盤強化のための活動
地区委員会を活用し、 奉仕活動の実践
スポンサークラブとのグローバル補助金事業
活動資金調達のための計画立案
ロータリークラブ、 インターアクトクラブとの連携
ロータリー賞挑戦のサポート
 学友委員会
   IAC、RYLA、ROTEX、RAC、財団、米山学友の情報収集及びネットワーク構築
学友の卓話者リスト作成
 ロータ リー財団委員会
  ポリオについての理解を深める
DDFの20%をポリオプラス基金へ
クラブ事業へポリオプラス基金を関係づけし寄付を募る
地区補助金の活用についての指導及び支援
ファンドレイジング目標
 年次基金$150/人
 ポリオプラス基金$30/人
 ベネファクター各クラブ1名
 寄付ゼロクラブゼロ
 米山記念奨学会委員会
  寄付目標
 普通寄付5,000円/人
 特別10,000円/人
 寄付ゼロクラブゼロ
奨学生の積極的な受入と親交RI3350地区との連携
 RLI委員会
  RLI研修への積極的な参加を促す
ディスカッションリーダーの育成及びスキルアップ
地区セミナーの支援
 研修委員会
  地区委員会の指導及び支援
セミナーにディスカッションを取り入れる
CLPの支援
 戦略計画委員会
  地区戦略計画の策定
クラブ戦略計画の支援
 地区 ・ クラブ規定委員会
  地区運営規定の見直し
クラブ定款・細則の見直し支援
 ロータ リーなんでも相談室
  ロータリーよろず相談所
各委員会より相談委員を選出、 会員やクラブからの問い合わせに対応
相談案件のデータベース作成
「地区チーム運営方針」
 ・ ガバナー補佐の積極的な関与(クラブのサポート )
 ・DEIの取り組み。(各チームがDEIに基づき活動する。)
 ・ロータリーの行動規範を遵守する。
 ・地区は、クラブの御用聞きの姿勢で臨む。
 ・ 委員会を開催する。
   進捗状況を把握する。
   より多くのメンバーが参加できるよう配慮する。
   開催日程をガバナー事務所又は地区事務所へ報告する。
   委員会欠席者へのケアをする。
 ・担当委員会の内容を地区研修・協議会までに熟知しておく。
 ・セミナー開催時には、 必ずグループ分けによるディスカッションを取り入れる。
 ・地区委員は極力RLIを受講する。


バナースペース




ビデオはこちら

ロータリーレート
2022年7月 1$ 136円

国際ロータリー第2530地区

ガバナー事務所
〒966-0092
喜多方市字清水台2-92
㈲中野商店2階
TEL:0241-23-6016
FAX:0241-23-6026


地区事務所
〒963-8831
郡山市七ツ池町26-3
TEL:024-954-6755
FAX:024-954-6615



2530地区ホームページ


地区予定表